カテゴリー
ブログ

金・銀・プラチナと業種別ETFで最安値からの戻りを比較、一番は銀だ!

銀のETFが一番

このところ東京を中心に新型コロナの感染者数が増えています。政府は「Go To トラベル キャンペーン」の運用を見直し、東京を対象外とする方針との報道がありました。

先行き不透明の中、日経平均株価は今月こそ横ばいですが、3月19日の今年の最安値から40%アップ(7月15日終値)しています。

業種別の成績と金・銀・プラチナの成績を、ETFで比較してしてみました。今年の最安値からのパフォーマンスが一番凄いのは銀なのですね。業種別では情報通信・サービスがトップとなっています。

ETFのパフォーマンス

以下の表に業種別ETF上位と下位3銘柄ずつ及び金、銀、プラチナのパフォーマンスを示しました。銀のパフォーマンスが飛び抜けています。銀行が苦戦しているのは景気後退と金利の影響でしょうか?

コード 名称 今年最安値 7/15終値 騰落率
1626 情報通信・サービス 16,930 24,370 1.44
1630 小売 14,190 20,200 1.42
1624 機械 23,200 32,550 1.40
1618 エネルギー資源 7,010 8,120 1.16
1628 運輸・物流 12,280 13,480 1.10
1631 銀行 5,690 6,160 1.08
1540 純金 4,900 6,000 1.22
1541 純プラチナ 2,032 2,843 1.40
1542 純銀 3,990 6,850 1.72

※1540、1541、1542はいずれも現物国内保管型

話題性は金

3月はあらゆる株や原油、貴金属類が売られました。こういう時は安全資産として金の需要が高まります。一時期いや今でも金の話題が多いですよね。

短期的なパフォーマンスだけ見ると金は大したことなく、プラチナにも劣っています。

金は採掘して取る技術も難しいので、今後それほど量が増える事は考えられません。長期的には金を勧める方も多いですし、やはり価格的には有望と言えるのではないでしょうか?

今後有望な業種は

TOPIXは今年の最安値からの戻しは33%(7月15日終値)、日経平均の方が戻りは良いようです。やはり、一定の銘柄がパフォーマンスを押し上げていますね。

ETFの業種では情報通信・サービス、小売、機械の順に良いパフォーマンスを示しています。新型コロナウイルスによりIT業界はさらに伸びそうですね。

情報通信・サービスは長期的にも期待できそうです。半導体関連や電子部品関連の企業も伸びが期待できそうですが、長期的には波があるかもしれません。

参考になるユーチューバー

経済や投資関係のYouTubeをよく見ています。特に参考になるのは、高橋ダンさんですね。高橋ダンさんは元ウォール街で働いていたハーフの方です。

日本のメディアが報道しない世界のトピックを中心にニュースを説明し、投資関係では結論となる根拠データを必ず示します。メディアが取り上げない情報が多く目が離せません。

もう一人は中田敦彦さん、さすがにオリエンタルラジオのボケ担当だけあって話が上手です。中田敦彦のYouTube大学は幅広い話題を取り上げていますが、投資関係でもためになるものが非常に多いですよ。

まとめ

3月に今年の最安値となった株価、先行き不透明ながらかなりの戻しを示しています。業種別や貴金属の中で銀が一番のパフォーマンスというのは驚きでした。

今日示したデータは4か月の期間です。参考にして頂いて結構ですが、未来の予測は出来ません。投資はあくまでも自己責任でお願いします。

2020.7.16