カテゴリー
ブログ

家事代行サービスの利用は如何?共働き向き?満足度は高いみたい!

Pocket
LINEで送る

家事代行サービスの利用

仕事をリタイア後、家事をする機会が増えました。日中は自分ひとりが多く、また、時間の余裕もあるので必然でしょうか。

洗濯より食事の方がめんどくさいですね。洗い物も出るし、主婦があり合わせで昼食を済ます気持ちがよく分かります。

掃除も適当、家事はやりだしたらキリがなく、時間もそれなりに要します。

夫婦共働きで子供がいる会社勤めの方・自営業の方は大変だと思います。単身者も時間の確保という意味では家事は余計な時間。

そういった方は家事代行サービスを利用してみては如何でしょうか?「スポット利用」を一度試してみると良いかと思います。お試しプランを用意しているところも多くあります。

メリットとデメリット

掃除、洗濯、料理、買物、ベビーシッター、ペットシッターなど依頼出来れば、家族の時間に変化が起こるかもしれません。

メリット

心にゆとりが生まれ家族の時間が持てます

家を常にきれいな状態に保つことが出来ます。

時間に追われていると、細かい部分まで掃除をすることが難しいですよね。家事のプロに任せれば、そういった事が解消され、家がいつでも清潔な状態になります。

デメリット

一定の費用がかかります。

他人を家に入れるリスクが生じます。

他人を家に入れる以上、家財道具の破損や盗難といったリスクはゼロではありません。

影響はないと思いますが、自分の家がどんな状態か知られてしまいます。

調査結果

㈱野村総合研究所が2018年12月にアンケート調査を行っています。

●家事代行サービスの利用経験者は6.5%でした。

●利用経験者の82.1%が「満足している」と回答しています。非常に高い満足度ではないでしょうか?

満足の理由は「家事の負担感から解放された」との事です。

●利用金額は9,000円以上が32.4%で最多、次いで3,000円~5,000円が20.2%と費用を掛けないサービスの利用も目立ちます。

業者によるサービス

家事のプロですね。最近、普及しているのはアプリでユーザーと家事支援者をマッチングする会社です。いくつもありますよ。

利用方法は、アプリをダウンロード→個人情報を登録→希望日時及び利用したいサービスを選択→候補者一覧から選びます。

1時間当たり1,000円台からサービスを提供する会社もあり、増加傾向となっています。

1回当たりの費用は「1時間当たりの作業費」×「依頼時間」+「交通費」で算出されます。

「定期利用」「スポット利用」があるので、ニーズによってどちらにするか選択してくださいね。

業者選択時の確認事項

「安かろう悪かろう」は避けたいところです。

明確に料金が提示しているかどうか、また、延長した時の料金も確認が必要です。

中にはサービス内容が悪いだけではなく、後になって追加料金を請求する、オプションを勧めてくるといった業者もいるので、しっかりと確認してください。

●家に入りますので、「スタッフと守秘義務契約を結んでいる」「身元保証人を立てている」といった家事代行サービスなら安心出来ます。

●「定期利用」の場合ですが、スタッフの指名や交代固定化が出来るかどうかもカギとなります。指名が出来れば毎度同じ人に家事を頼める安心感がありますね。

業者の運営会社の情報が公開されているかどうかも確認してください。会社の姿勢が分かります。

公的サービス

比較的低単価で依頼が出来ます。公的サービスは1時間当たり1000円前後(地域と依頼内容による)が多いかもしれません。

「ファミリーサポート」は手助けを受けたい人と手助けをしたい人をつなぐ制度。

「シルバー人材センター」は掃除、調理、庭木の選定などの依頼が出来ます。

こんな時

7月25日公開の記事「実家の荷物は早いうちから整理した方がいい!経験者のアドバイス?」にあるように、両親、祖父母の遺品整理も凄く大変です。

こういった場合は、家事代行サービスを利用・整理してからら、引き取り業者に依頼した方が良いかもしれません。

とにかく空き家となった家の整理は絶対に自分ひとりでやろうと思わないでくださいね。

まとめ

家事をする時間が満足に取れない方は家事代行サービスを利用してみては如何でしょうか?利用後の満足度は高いみたいですよ。

業者の中にはお試しプランを用意しているところも多くありますので、「スポット利用」を一度試してみるのも良いかと思います。

2020.10.12