カテゴリー
ブログ

靴はローテーションで履いた方が良い?手入れと消臭・抗菌対策は?

Pocket
LINEで送る

劣化を防ぐには手入れ

今日の東京は久しぶりに晴れて暑かったです。この二週間は雨ばかり、昨日は少し晴れましたが、さすがに青空が恋しくなりました。

雨の中歩くと靴が濡れて嫌ですよね。靴のローテーションは中何日が良いか正解には分かりません。一般的には中3日のローテーションが靴を長持ちさせると言われています。

一足を履き続ける事は無いと思いますが、劣化を防ぐためには、手入れしたうえで保存する必要があるのではないでしょうか?

手入れの方法

水分や汗をそのままにせず、拭き取って乾燥させる事が重要です。また、汚れはきちんと落とさないと劣化の原因となります。

1.汚れと水分対策

ブラシ等でほこりや汚れは落とす。
で雨水はよく拭き取る。靴の中が湿っていたら、新聞紙などの紙を入れて靴箱に保管する。
・革靴は保管前に専用クリームを塗布する。
・雨の日は撥水・防水タイプのを履く。
撥水・防水スプレーをしておく。雨の日はスプレーする。
※撥水・・・水を弾く 防水・・・皮膜をカバー

2.消臭・抗菌 スプレーの使用

増えてしまった菌を除菌する。新たに菌が繁殖しないようにする。吸湿する。以上の効果が期待出来る靴専用の消臭・抗菌 スプレーを使用するが良いと思います。

以下は代表的な商品です。参考にしてください。

①『ミスオドイーター 靴消臭スプレー ソープ調の香り』(小林製薬)
消臭・除菌成分が繊維にとどまり、雑菌の繁殖をおさえ長時間ニオイを消臭する。吸湿性があるパウダー配合で、足元のムレをおさえサラサラな状態を持続させる。

②『シューズの気持ち プレミアム』(フマキラー)
プラスイオン抗菌剤がニオイ菌の増殖を抑え、使うたびに抗菌力が高まる。化粧品原料を使用している安心仕様、靴下やストッキングを履いた足に直接スプレーして使える。

③『ドクターショール 消臭・抗菌 靴スプレー』(ドクター・ショール)
安全性と有効性が認められた消臭、抗菌、防カビ成分「コーキンマスター」配合。372種類もの菌に対して効果を発揮。強力に除菌、消臭したあとは抗菌作用でニオイ菌の再繁殖を抑え、24時間消臭効果がある。

3.ローテーション

靴は濡れないのが一番ですが、靴が濡れて水分が抜けにくい時は、乾くまで一定の時間が掛かります。洗濯物でも生乾きだと臭いますよね。

少なくても中2日は開けておきたいところです。営業マンは常に革靴を履いているので、五足用意し一週間に一度のローテーションが良いかと思います。

ランニングやウオーキングで足に汗をかく量が多い時もそれなりの間隔が必要かもしれません。

臭いの原因

靴の嫌な臭いの原因は、足の裏の汗と蒸れやすさが関係しています。

足の裏は体のなかでも汗腺がとくに密集していて、1日でたくさんの汗をかくと言われています。水分が体温で温められて蒸れると、ジメジメした環境を好む雑菌が繁殖して、イヤな臭いを発するようになります。

履かない靴にも注意

仕事をリタイアしてから革靴を履く機会が物凄く減りました。親戚の結婚式があり、その日の朝、とっておきの靴を履こうとしたら、靴底が剥がれて履けない事がありました。

しばらくぶりにゴルフコースに出た時の事、ゴルフシューズの底が半分外れた状態となり、貸し靴を借りてプレーしたのを覚えています。

長い間靴を履かなくても靴は劣化しますし、意外と気がつきません。それを防ぐためには、良い靴もたまには履く事をお勧めします。

まとめ

靴は汚れを落とし水分をよく乾燥させることが重要です。雑菌を繁殖させない消臭・抗菌 スプレーを使用するのも良い方法かもしれません。

手入れをしたうえで、一定のローテーションで履けば長持ちさせられるのではないでしょうか?

2020.7.20